【後編】新型NBOXに乗換えた4つの理由

Customターボに試乗して驚愕の見積もりを持って帰宅したところから始まります。

その話は↓です。

【前編】新型NBOXに乗換えた4つの理由

2019年5月14日

驚愕の見積もりを前にして考えたこと

帰宅して、ボのんが寝た後に、

Bo
いやーー、やっぱり買うならターボだよねぇ
Boの嫁
だよねぇー
Bo
あれ、普通に乗用車レベルでしょ

完全に、脳内を侵食するNBOX良いなぁ液で、購買欲スイッチが押しっぱなしになっておりましたが、目の前に鎮座する驚愕の見積もり様を無視する訳にはいきません。

購入するのに超えなくていけない壁を整理

色々と話し合った結果、大きな3つ壁がありました。

壁1(乗車人数)

軽自動車の最大乗車人数です。

軽自動車は最大4人乗りなのです。

そこで一番分かりやすくて覚えやすいのが「大人2人で子供3人」というもので、子供3人を乗せる場合は大人2人扱いになりますよということ。
これにより「運転手+大人1人+子供3人」がOKとなるわけです。
もしも上記のケースで子供の中に12歳の子供がいた場合、規定上は「運転手+大人2人+子供2人」となり、乗車人数が同じ5人であってもこの場合は違反となります。


子供の数え方とは?軽自動車の定員オーバーと反則金

我が家は3人家族なので、普段の利用では問題ないのですが、家族以外を乗せる機会も、まぁまぁあるのです。平均すると3~4人、時々それ以上といった感じです。

奥さんは、それが気にかかっているようだったので、

Bo
家族以外を乗せる時々あるような事に拘っていても仕方ないので、自分達の事を第一に考えようよぉっ。(´・ω・`

と説得すると、分かってくれました。(^o^)

壁2(荷物の積載量)

我が家は、モノが多く、お恥ずかしい話、車にも使うんだか使わないんだか分からないモノが常時積まれていました。

更に言うと、キャンプなどにもよく行くので、大量のキャンプ用品を積めるのか。。。。という問題もありました。

この問題に関しては荷物をコンパクトにするしかないのですが、スーパースライドシートの場合は、ベンチシートよりもシートアレンジが多そうなので、購入に至る場合はベンチシートではなく、スーパースライドシートを選択するという事でクリアできるのでは?と考えました。

スーパースライドシートアレンジ

壁3(購入資金の問題)

これが最大の問題なのです。

リバティの車検を通す為の資金すら厳しいのに、毎月の生活が厳しいのに、新車を購入して毎月ローンを返済できるのか。。。。

Bo
あぁぁぁ、宝くじ当たらないかなぁーーー

そんなことを言っていても仕方ないので、5年でローンを組んだ場合のざっくりとした維持費と、5年間リバティーを乗った場合の維持費を比較してみました。

比較にあたり、維持費に関する金額を自分なりに算出しています。

※わたくし、自営業なので毎年確定申告をする関係で給油の領収書を保存しているので、2018年度のリバティの給油額が分かります。

※リバティを購入していた際に燃費計算をしていた時期があり、その時の記録を参考にNBOXでのおおよその年間給油額を算出します。

車検費用

基本料金は比較できないので、はっきりしている自賠責保険料と重量税の比較とします。

リバティの2018年度の給油額

152,000-/年 円 (ノ゚ο゚)ノ オオオオォ

リバティの平均燃費

約6km/L  (ノ゚ο゚)ノ オオオオォ

Bo
我が家は信号の多い街乗りが殆どで、その場合は、リバティはかなり燃費は悪かったです。

NBOXで期待する燃費

14km/L

NBOXで期待する燃費の場合の年間給油額(リバティの実績より)

約66,000円 (百円以下切り上げ)

維持費比較表(ざっくり)

車種リバティNBOX CUSTOM G・EXターボ 4WD
費用車税車検ガソリン代車税車検ガソリン代
201945,40045,600+25,830152,00010,8009,900+35,610+35,20066,000
202045,400152,00010,80066,000
202145,40045,600+25,830152,00010,80066,000
202245,400152,00010,8006,600+25,07066,000
202345,40045,600+25,830152,00010,80066,000
202450,400152,00010,8006,600+25,07066,000
小計277,400214,290912,00064,800144,050396,000
合計1,403,690604,850

おおよそ。。。。。。。

798,840円

の維持費の削減が見込まれると判断しました。

この他に、金額には現れないですが、タイヤ代、突発的な故障による修理代車検費用なども維持費の削減になると考え、なんやかんやで、めちゃめちゃざっくり、

100万円 /5年

の維持費削減と算定しました。

Bo
一番恐いのは、リバティの車検を通した後に廃車にしなくていけい程の致命的な故障が発生するリスクです。
Boの嫁
ちょっと、ざっくり過ぎでは。。。^^;
重量税のワナ
NBOXはエコカー減税の対象の車種なので重量税も安くなのだろうと思っていたら。。。なんと

NBOX CUSTOM G・EXターボはFFのみがエコカー減税対象車でした。
雪国に住んでいる者としては4WDを選択せざる得ないのに、これは残念なことです。

5年後に下取りしてもらい乗換える案

5年で残価設定のローンを組んだ場合は、60回目に発生する残価をどうにかしなくてはいけません。一括で払うか、更に2年ローンを組むかです。

恐らく一括では払えないので、そのまま乗るならローンを組み直すところですが、ホンダ車に乗換えるなら、下取りしてもらうという方法もあります。

営業の方の話ですと、NBOXカスタムターボは人気車種だから、事故など起こしていなければ、5年後も下取りはかなり良いという話でした。

Bo
具体的な金額は書きませんが、残価を払ってもお釣りがくる程度の下取りにはなると自信満々に言ってました。

営業さんの話を信用して、下取りしてもらい残価を相殺するしたとして、

(見積もり金額) (経費削減分) – (下取り) ≒ 70万

70万の持ち出しで、NBOXを購入できると考えました!

更に言えば、実際に購入するとなると、見積もり内容を精査して要らないディーラーオプションを削ったり、ゴリ押しの値引きをしてもらい、見積もりより20万は安くなるとの結論に達しました。

Boの嫁
かなり自己中心的な楽観野郎だなぁぁ

ということで、

(見積もり金額) – (経費削減分) – (下取り) – (値引き) ≒ 50万

Bo
リバティに乗っていると思えば、50万の持ち出しでフル装備のNBOXが購入できる!!

この合っているのか分からない天才的な算定を興奮しながら奥さんにプレゼンしました。

Boの嫁
。。。で、5年目から車どうするの。。。。

5年後の事は考えない事にしました。今だけ見つめる事が大切です。

月々のローン(ボーナスなし)はできるだけ押さえたいので、それを実現するには頭金を入れる訳ですが、この50万という金額が丁度いい感じだったのでした。

Bo
資金がないのに50万なんて用意できるのか。。。。。。
Bo
車が無いと色々と不便だし、かと言って、いつ故障するか分からないリバティーに140万円程度の維持費を掛けて乗り続けるのも不安だし。。。。。
Bo
うあぁぁぁヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3

値引きの事もあるので、オプションの話も含め、またディーラーに行って交渉してみる事にしました。交渉次第では、ねんとか50万を捻出する事にしました。

なんやかんや悩んでいますが、心の中は購入に突き進んでいたのでした。

吉沢亮 ファースト写真集 『 はじまり。 』

新品価格
¥2,263から
(2019/5/21 01:35時点)

次の日ディーラーにて最終決戦

次の日、ディーラーに連絡して夕方くらいに営業マンと商談の約束をしました。

時間より少し早く家を出て、途中、オートバックスに寄ることにしました。

少しでも安くなればと思い、純正のナビではなく社外のナビも見てみようという事になったです。ついでにドラレコも見てきました。

当然、どちらも純正品よりも安く購入できる事が分かりました。

気がかかりなのは、社外のナビを付けた場合に純正で出来ることが出来なくなってしまったら嫌だなぁという事です。

ディーラーとの約束の時間が迫ってきたので、店を出て駐車場に向かうと、自分達の車の後ろに、今これから交渉するNBOXカスタムが停まっているではありませんか!!

Bo
あっ!NBOXじゃない??あれっ?ナンバー白くない?
Boの嫁
あっ!ほんとだ?なんで?

車に疎い私達は、ターボ車だから?白?とか、意味不明な事を言いながらディーラーに向かいました。

手ぐすね引いて待ち構える営業マン

ディーラーに到着して、営業マンとの攻防戦が始まります。

来店の時点で、車種はNBOX CUSTOM G・EXターボ 4WD プラチナホワイトに絞り込んでいました。

前の日に、この車種で数日で決めてくれたら、2週間ちょっとで納車できて、リバティーの下取りも多少は出来て、値引きも頑張れますと言われていたからだ。

Bo
営業マンの常套手段なのは分かっているけど。。。。

貰っていたディーラーオプションから、必要ないものを削って、月々のローンの返済額の希望を言って、あーだーこーだ言って、交渉すること数時間。。。。。。

ついに決断!!

頭金を入れることを前提に、こちらが支払いできる月々のローンの金額をクリアできる値引きを額を引き出せたので。。。。。

購入を決断しました!!

オメデトー!! ヽ(*´∀`)ノ

結局、ナビとドライブレコーダーに関しては一番安い純正品を考えていたのですが、どちらも1つ上のグレードの純正品を付けることにしました。

確かに社外品を買えば安く済むのですが、納車時に全部揃っているほうが良いし、60回のローンで組めば月々の返済額は大したことないと麻痺しました。

Bo
オプションなどについて別の記事で紹介したいと思っています。

そうそう、白ナンバーですが、ディーラーについて、すぐに営業マンに尋ねたのですが、オリンピックナンバーというのがあって、費用はかかりますが、軽自動車でも白いナンバーにできるという事でしたので、お願いしました。

新型NBOXに乗換えた4つの理由

ここまで、すご~く長々と読んで頂いてありがとう御座います。

新型NBOXに乗換えた理由をまとめると概ね次の4つの理由になります。

理由1

リバティーの乗り続ける事にかなりの不安を感じていた。

理由2

軽自動車なので維持費が安い。

理由3

走行性能、ホンダセンシングなどの安全機能、居住性に、想像を遥かに超える良さを感じた。色々調べ過ぎて、ワクワク感が半端なくなった。

理由4

5年後の下取りが期待できそう。

最後に

納車時のNBOX フロント側
納車時のNBOX テール側

リバティーの車検どうしよう。。。と悩み出してから、あれよあれよという具合に購入に至ったわけですが、すごく満足のいく買い物だった気がします。

別な記事で、装備や、自分で用意した小物類、実際に乗ってみた感想を綴っていこうと思います。













シェアしてくれると励みになります!

自作サービスやってます

【無料】宛名メーカー

せどり・メルカリ・ヤフオク・ラクマなどの商品発送の手書きでの宛名書きに疲れた。。。あなた!宛名メーカーは無料でレターパック、スマートレター、定形外郵便などの宛名を簡単に作成できます。是非ご利用下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)