【iPhone12でも採用のLightning-Type-C】Amazonで安価なLightningケーブルを買ったら幸せになった

みなさん、こんにちは、「iPad gen 8」がメチャクチャ進化していて、焦っているBoです。

今回は、新しく買ったiPadと自分のiPhone用のLightningケーブルをAmazonで買った話です。

なぜ購入したのか?

これまで、我が家でLightningケーブルを使用する機器は自分のiPhone XRのみでした。

Lightningケーブルは値段が少し高めなので、何の迷いもなく付属していたケーブルを使っていました。

晴れて我が家にやってきたiPad gen 8はLightning接続になります。

そして、付属してきたケーブルはなんと

Lightning ー type-C!!

電源アダプタもtypeC仕様です。

という、なんとも自分の時代遅れを感じる仕様でした。

Bo
というか、Lightningが採用された事が若干ディスられていますよね。時代は変わったのですね。。。

Appleユーザーなら分かって頂けると思いますが、自分が持っている付属のケーブルはどれも細くて貧弱な感じで、ちょっとした事で被膜が裂けてしまう事もありましたが、今回のiPadのケーブルは太めで好印象です。

ちょっとした問題発生

モバイル機器の充電は、家でも外でもAnkerのモバイルバッテリーを利用しています。

スグレモノのモバイルバッテリーで、泊まりで出かる時などは、バッテリーはこの1つを持っていけば良いので、超オススメです。

ただし、ここで問題に気付きました^^;

iPad付属のケーブル(Lightning-typeC)のケーブルはAnkerでは利用できないという事です。

自分のAnkerはtypeA×2ポート、typeB×1ポートです。

更に言うと、リビングで付属の電源アダプタと付属のケーブルで充電しながら利用する場合、微妙にケーブル長が短くて(1m)、ちょっと不便だという事です。

問題点のまとめ
  • Ankerでは付属のLightningケーブルは利用できない。
  • 旅先に付属の電源アダプタを持ってくのは嵩張る。
  • 付属のLightningケーブルは微妙に短いと感じるときがある。

解決策

解決策はLightningケーブルを何本か買うという単純な事です。

そこで、Amazonで

を購入しました。

Lightning-typeAの長さ違いの3本セットです。

これで、外出時にAnkerを使う時の問題は解決したのと、デスクで充電する場合に一番短い30cmのケーブルを使うとケーブルが邪魔にならずにスッキリするという副産物もありました。

リビングで充電する場合には2mのケーブルと純正電源アダプタを使いたいと思い、更にtypeA-typeCの変換ケーブルも購入しました。

この変換ケーブルと2mのLightningケーブルでリビングでも快適にiPadの充電が可能になりました。

もう1本の1mのケーブルは、持ち歩いて使う予備用としました。

ケーブルはナイロン加工で丈夫そうですが、若干硬めです。

結論

合わせて2000円ほどの買い物ですが、些細なことですが、機器の利用環境が良くなり、「買って良かったー!」と幸せな気持ちになりました。

只今、プライムのセール中なので、ケーブル類をチェックしてみると良いと思います!













シェアしてくれると励みになります!

自作サービスやってます

【無料】宛名メーカー

せどり・メルカリ・ヤフオク・ラクマなどの商品発送の手書きでの宛名書きに疲れた。。。あなた!宛名メーカーは無料でレターパック、スマートレター、定形外郵便などの宛名を簡単に作成できます。是非ご利用下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)