【夏キャンプ】いわないリゾートパークオートキャンプ場に行ってきました。

みなさんこんにちは、4連休はどのように過ごされましたか?

Boは、親しくして頂いている家族と、「いわないリゾートパークオートキャンプ場」に、二泊三日で遊びに行ってきました。

Bo
大勢での宿泊イベントだったので、マスク・消毒・3密に十分の注意を払っての宿泊でした!

こちらのキャンプ場は高台にあり、キャンプ場からの眺めが最高で、とても人気のあるようです。

今回、Boのグループはテントは張らず、コテージの宿泊でした。

人気があるキャンプ場なのですが、残念な事に公式サイトやネットでは、なかなか詳細な情報が分からなかったので、今後、利用を考えている方の為に、出来るだけ詳細な情報を残そうと思います。

場所

札幌から高速道路を使い、余市ICで降りて、そこから1時間ほどで到着します。

Bo
余市まで高速道路が伸びたのでアクセスが良くなったそうです。

途中、仁木町や、きのこ王国などがあります。

自分たちも、帰りに仁木町でサクランボ狩りをして、きのこ王国で食事をしてきました。

センターロッジ

岩内に着き高台を登って行くとキャンプ場が出現します。

センターロッジ

利用者はまず、センターロッジで受付を済ませて、ゲート用のカードキー(紙)と部屋の鍵(コテージ利用の場合)を貰いキャンプ場に入ります。

Bo
テントサイトやコテージは車を横付け出来るので、ゲートをくぐり敷地内には車で侵入します。但し車の台数が多くて横付けできない場合は、センターロッジ横の駐車場に停める事になります。テントサイトは1台くらい、コテージは2台くらい停車出来ます。

センターロッジ内には、いわないのマスコットキャラクター「たら丸」くんのが鎮座しております。

たら丸くん

他には受付、売店、洗濯機、シャワー(無料)、展望スペースがあります。

Bo
キャンプ場から車で数分のところに温泉施設(お湯がかなり熱かったそうです。)があるのですが、キャンプ場に無料のシャワーブースがあるのはとても便利です。ちなみにシャンプーや石鹸、タオル類は置いていないので、自分で用意する必要があります。

テントサイトの様子

実際には利用していなので、撮影してきた写真をご紹介します。

遊具など

キャンプ場の一番高台に遊具があります。

コテージ

自分たちが宿泊したコテージを紹介します。

見取り図

玄関(入り口)

台所・冷蔵庫

熱源はガスではありません。電気ポットが備え付けています。

食器、鍋などの調理器具は一切置いてありません。

トイレ・洗面所

1F リビング

ソファーとテーブル、壁掛けのテレビがあります。

2F メゾネット

布団は5枚くらいひけます。

最後に

人気のキャンプ場なので、シーズン中はなかなか予約は取れないかと思いますが、宿泊を検討している方の参考になれば良いなぁと思っています。

夜景も星もキレイです












シェアしてくれると励みになります!

自作サービスやってます

【無料】宛名メーカー

せどり・メルカリ・ヤフオク・ラクマなどの商品発送の手書きでの宛名書きに疲れた。。。あなた!宛名メーカーは無料でレターパック、スマートレター、定形外郵便などの宛名を簡単に作成できます。是非ご利用下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)