USB扇風機を修理した

皆さん、こんにちは。なんでも直してみたいBoです。

本日は外付けHDDの冷却用に使用していたUSB扇風機を修理した話です。

Bo
大した話じゃありません。

新しいのを買えば良いですが、同じようなものを探すのも面倒ですし、簡単に直るだろうと思って挑戦しました。

過去にはドライヤーなんかも直しているので、なんとかなるでしょう。恐らく。

ヘアードライヤーを修理してみた

2019年2月15日

どんな使い方をしていたか?

写真の通りに、外付けHDDスタンドに挿したHDDの基盤部分を冷やす為に使用しています。

皆さんは外付けのHDDスタンドとか使っていますか?コスパが良いので、自分は結構昔から利用しています。

カバー付きのUSB外付けHDDはファンなどが付いているので、多少なりとも放熱されますが、このタイプのHDDスタンドは利用しているとHDD付近が熱くなり、ちょっとした暖房機器代わりになりそうです。

なので、パソコン起動時にこのUSB扇風機も回るようにしているのですが、ある日、この扇風機が回っていない事に気付きました。

手で羽根を軽く回してやると回りだすので、しばらくはその方法で使っていたのですが、時々忘れて、HDDの周りの熱気がヤバいことになってきたので、修理することを決めて、分解しました。

分解

簡単に分解できました。

スイッチとモーターのシンプルな構成です。

モーターと基盤

タイオードと抵抗とコンデンサのシンプルな構成です。

3つの素子は全て問題なさそうでしたが、念の為にノイズ用のコンデンサだけ交換しました。

断線もしてませんでした。

原因を探る為にモーターを外してモーターを分解してみました。

ピンボケしていますが、コミュテーターが若干汚れていましたが、そんな酷くはありません。

次に、カーボンブラシを見てみると

Bo
これだぁ!

そうなんです、ブラシが摩耗してほとんどありませんでした。

ということで、モーター交換で直ると判断してネットでモーターを物色しました。

モーター購入

モーターの仕様が分からなくて、テスターで調べると5V 25mAくらいだと検討がついたのですが、なかなか、安いこの仕様のモーターが無くて途方にくれていたのです。一番困ったのが、シャフトの長さです。

もともと付いているモーターのシャフトが20mmくらいあって、調べた限り、5V 25mAでシャフト長20mmなんてモータ-は、なかなか見つかりません。

諦めて、しばらくバラバラになった扇風機を放置していたのですが、猛暑が続いていたので、部屋がヤバい暑さになってきた事もあり、もう一度調べると、シャフト長がまぁまぁ長い良さそうなモーターを発見したので、そんなに安くはありませんでしたが、楽天で購入しました。

シャフト長の他にも、取付用のネジ穴や端子の位置が不安でしたが、商品の紹介ページで知り得る情報で、恐らく大丈夫だろうと判断しました。

Bo
ジャンクっぽいモーターなので詳細な仕様は掲載されていません。

モーター到着

到着したモーターと元々のモーターを比べてみました。

(左)元々付いていたモーター (右)到着したモーター
(左)元々付いていたモーター (右)到着したモーター

シャフトの長さ以外は、ほぼ同じ外観です。

気にしていた、ネジ穴、コネクタの位置も問題なさそうです。

モーター単体でテストすると問題なく動いたので、早速、ハンダ付けして組み上げました。

修理完了!

果たして、動くのでしょうか。。。

スイッチオン!

よっしゃーーーー!

完全復活です!

最後に

1000円ほどの出費がありましたが、無事に直って満足しました。

しばらくは、熱の発生などが無いかを確認しながら使ってみようと思います。

最近は、ハンダこてを使う機会が多くなってきたのと、Youtubeで修理動画をよく観るようになったせいで、ハンダこてのセットみたいのが欲しくなってきました!

最後まで読んで頂きありがとうございました。













シェアしてくれると励みになります!

自作サービスやってます

【無料】宛名メーカー

せどり・メルカリ・ヤフオク・ラクマなどの商品発送の手書きでの宛名書きに疲れた。。。あなた!宛名メーカーは無料でレターパック、スマートレター、定形外郵便などの宛名を簡単に作成できます。是非ご利用下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)